アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
2014年12月
     
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
顔のトラブルに有効

笑顔の美容外科の看護師

最近では、しみやたるみなど加齢に伴う皮膚の衰えやトラブルに対しての商品が数多くあります。
アンチエイジングを目的としたスキンケア商品やサプリメント、ホーム美顔器なども次々に開発されていますが、医療業界においても技術の進歩には目覚ましいものがあります。
美容外科でも気になる部分を改善する様々な治療法が確立されています。

特に顔や体の治療には傷跡が目立たないような方法が取り入れられていて、なおかつ、メスを使わずダウンタイムが少ないような方法が主流になりつつあります。
アンチエイジング治療では、注射などの場合では治療時間も短く費用も手術に比べると安価なため、今後もますます利用する人が増えることが予想されます。

美容外科でのヒアルロン酸注射について


美容整形やアンチエイジングを目的としている美容外科では、病気を治すことを目的としている他の診療科目と違うため、健康保険は使えません。
しわやたるみを改善したり、バストアップなどに近年良く使われているのがヒアルロン注射です。
ヒアルロン酸は元々人間の身体の中にもある成分なので、治療に使ったとしても比較的副作用が少ないと言われています。
ただし、ヒアルロン酸は一定期間を過ぎると体の中に吸収されてしまいます。
体の中に吸収されてしまうと治療した部分は元に戻ってしまうので、効果を持続させたい場合には効果が途切れる前に定期的に注射をしてもらう必要があります。
また、注射は医師の技術が大きく関わっているので、経験の豊富な医師を選ぶことが重要です。

クマやたるみの原因とは


寝不足や過労が続くと目の下にクマができることがありますが、実はクマができる原因は疲れだけではなく、加齢や紫外線など様々あります。
目の下の皮膚は非常に薄くて敏感な部分です。
ですから紫外線を浴びたり、手でこすったりするだけでも日々の積み重ねで色素が沈着してしまう可能性があります。
また、年を重ねるとまぶた周辺の筋肉がゆるみ、たるんだ脂肪が影となって目の下が黒ずんで見えることもあります。
さらに、パソコンやスマホなどを長時間見続けていると、通常よりも瞬きの回数が減り、まぶたの筋肉も弱ってきてしまいます。
筋肉が弱るとたるみの原因にもなるので、意識して目を動かしたり瞬きをするなどして、筋肉を鍛えることが大事です。

オススメリンク

美容外科医の手

効果が長持ちする方法を選ぼう

美容外科の施術方法は、最近切らない方法が選ばれています。
目の下のクマやたるみは、加齢によって衰えた筋肉や皮膚が垂れ下がってきていることが主な原因です。
下まぶたを切開し、余分な脂肪を取り除くことですっきりとした目元に生まれわかります。<…Read more

問診する美容外科医

厳しい審査をクリア

●美容外科で施術を行う専門家について
美容外科でたるみやクマを解消する専門家は、美容の専門医になります。
美容外科専門医は、学会が創設した制度で、厳しい審査をクリアして、美容の専門医として正式に認定された医師です。
専門医の認定を…Read more

関連リンク